便活という言葉をご存知でしょうか。

便活というのは、腸内環境を整えて気持ちのよい排便を促すための活動のことです。

私たちは普段食事をし、小腸などでその栄養素は濾し取られます。

その際残ったカスや、体の中の老廃物などは大腸から体の外に排出されます。

腸内環境がきちんと整っていないと、この排出が上手くいかず、体の中に老廃物が溜まったままの状態になってしまうのです。

そうなると、体臭や口臭が起こりやすくなりますし、肌荒れなどの原因にもなってしまいます。

体全体の老化を促進することにも繋がりますので、腸内環境を整えることはいつまでも若々しく健康で過ごすために必要不可欠なのことなのです。

それでは、便活にはどのようなものがあるのでしょうか。

まずは運動による便活です。

普段から体を動かして、基礎代謝を高めてあげることが大切です。

便を外に排出するためには筋力も必要になってくるものです。

蠕動運動が弱まってくると、自力で排出することが難しくなり、どんどん老廃物が溜まっていってしまいます。

それらをエサにして腸内の悪玉菌が増殖してしまいますので、悪循環になることも少なくありません。

出来るだけ歩き、インナーマッスルを鍛えてあげましょう。

マッサージも効果的です。

「の」の字を描くように、お腹を優しくマッサージしてあげましょう。

お風呂で体を温めながらするとより効果的です。

自律神経を整えてあげることも便活には重要な事です。

規則正しい生活を心がけ、こまめに水分補給をしてあげましょう。

特に、朝起きてすぐ、お風呂の前後、睡眠前などにコップ一杯ほどの白湯を飲むと腸の水分補給に繋がります。

便を柔らかくして、排出しやすくしてあげることも大切なことなのです。

そして食事による便活です。

腸内環境を整えるのに効果的な食事といえば、食物繊維があげられます。

食物繊維には水溶性のものと不溶性のものがありますが、便秘に効果的なのは水溶性食物繊維の方になります。

ゴボウ、バナナ、アボカド、オクラなどには水溶性食物繊維がたっぷり含まれていますので、普段の食事の中に積極的に取り入れていくようにしましょう。

また、乳酸菌も腸内環境を整える効果があることでよく知られています。

ヨーグルトやチーズ、バターだけでなく、味噌やキムチ、納豆などの発酵食品、漬物などにも多く含まれています。

この際、食物繊維やオリゴ糖を一緒に摂取してあげると乳酸菌のエサになり、善玉菌を増やすことに繋がります。

オリゴ糖はそのもの自体に腸内環境を整える効果があり、小腸で消化されにくく、大腸までしっかり届いてくれるのです。

オリゴ糖はたまねぎやりんごなどに多く含まれていますが、シロップ状になったものも販売されています。

例えば普段コーヒーに砂糖を入れて飲む方は、砂糖の代わりにオリゴ糖シロップを使用したりるのもおすすめです。

乳酸菌は腸内でも1週間ほどしか生きられないものですので、出来るだけ毎日取り入れていくようにしましょう。

副交感神経を活発にさせてあげることも大切です。

朝起きたら必ずカーテンを開けて朝日を浴びるようにしましょう。

そして就寝の前にパソコンやテレビ、スマホの使用は控えるようにします。

目への刺激を減らし、リラックスした状態を作ることがポイントなのです。

アイマスクなどをして目を休ませ、アロマや音楽鑑賞をするのもいいでしょう。

脳をしっかり休ませ、質の良い睡眠をとることが大切です。

就寝前には運動も控えましょう。

軽くマッサージやストレッチ等ならば大丈夫ですが、腹筋や腕立て伏せなどを行ってしまうと脳が活性化してしまい、睡眠の妨げになってしまいます。

このように一言で便活といっても様々な方法があります。

便活や腸活で腸内環境が整うということは、体にとって良いことだらけなのです。

まず便秘でぽっこりしてしまった下腹がスッキリすることによって、見た目も良くなります。

腸内の善玉菌が増えると、大腸がんなどのリスクを軽減させることが出来ます。

体の中に老廃物がきれいに排出されるようになると、口臭や体臭の改善にも繋がりますし、美肌にも効果的です。

それまで体の中の隅々まで行き渡れなかった様々な栄養素も、きちんと吸収され、必要なエネルギーとして消化されるようになってくるのです。

疲労回復や基礎代謝力の向上に繋がっていくのです。

また、血流が良くなることによって冷え性や肩こりなどにも効果を発揮してくれます。

今までダイエットをしてもあまり効果がなかったという方も、腸内環境が整えば、代謝力もアップし、脂肪の燃焼率も挙がるので痩せやすく、太りにくい体質に変化することがあるので、まさに良いことずくめです。

いずれも、なかなかすぐに全てに挑戦することは難しいでしょう。

また、始めたからといってすぐに効果が現れるものではありません。

出来るところからスタートし、まずは毎日続けていくことが必要です。

そして、便意を感じたらすぐにトイレに行くようにし、普段から蠕動運動を鍛えてあげることも大切です。